鶏頭山 選擇寺
 
 鎌倉 大本山 光明寺において10月12日より15日に盛大に行われている十夜法要における「御代理導師」を当木更津市の選擇寺のご住職が委嘱されました。
http://www.rr.iij4u.or.jp/~senchaku/katudo.html

十夜法要会  浄土宗大本山 光明寺(神奈川県鎌倉)
http://park16.wakwak.com/~komyo-ji/index.html
当山第九世観誉祐崇上人が、後土御門天皇の勅命により明応四年(1495)清涼殿において引声阿弥陀経・引声念仏による法要を勤修したことで、十夜法要をつとめることが許されました。10月12日より15日に至る間、盛大に行われています。沿道には植木店や露天など並び、堂の内外は、参拝の人の群れでうずまります。

選擇寺本堂
 
十夜法要とは 
約550年前に伊勢守平貞経(いせのかみたいらのただつね)の弟、貞国(さだくに)が、京都にある天台宗の真如堂で修したものが始まりです。後に浄土宗鎌倉光明寺でも行われるようになり、浄土宗ではなくてはならない法要として現在に至っております。
 もとは陰暦10月5日の夜より、15日の朝の十日十夜に渡って行われるもので、その間不断念仏を唱えて別時の念仏を修し、阿弥陀様のお慈悲に感謝するものです。今日では5日、3日あるいは1日と期間は短くなりましたが、浄土宗の経典「無量寿経」にも、「この世で十日十夜の間善行を行うことは、仏の国で千年間善行を行うことよりも尊い」と説かれております。